宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

八王子で肩こりをよくするなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 さて、今日は先日の続き、肩こりについて。 今日は肩こりにならないために、特に座っているときどのようにしたらいい姿勢が保ちやすいのか? のお話をしていきます。 座っているとき、どうしても背中が丸くなってしまいがちですよね? で、頭が前に出てしまう。 そうすると前回も書きましたが、首や肩、背中には大きな負担がかかってしまいます。 なぜそうなってしまうのか? これは普通に座っているときに『骨盤が後ろに傾いてしまう』からです。 骨盤が後ろに傾いてしまうと、上にのっている背骨も正しく上にはいかず、後ろに向かって始まってしまいます。 このままだとどうしたって後ろに身体が倒れてしまう。 そうならないようにバランスを保つために背中を丸めて頭を前に出す、いわゆる猫背の姿勢になってしまいます。 (何でそうなってしまいやすいのかはまた後日・・・) これが肩こりの要因の一つとなっています。 じゃあそうならないようにするためにはどうしたらいいか? 頑張って背中を自力で伸ばしておきましょうか?? いやいや、それができるのであれば苦労はないって話です。 意識してその姿勢を保とうと思っても1000%無理と断言できます。 それどころか変なところに力が入りすぎてしまって余計に身体が痛くなってしまうでしょう。 簡単な方法としては骨盤が後ろに倒れないようにしてあげればいいわけですから、車のタイヤ止めのように、骨盤の後ろ側に何かをかませてあげましょう。 ちょうど写真のような感じです。 これはバスタオルを丸めて入れ

八王子で肩こりでお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 今日は肩こりについてのお話。 腰痛と並んで多い、国民病の一つといってもいいでしょうかね。 そんな肩こりが何で起こるのかのお話。 たぶん長くなるので2回に分けてお送りすることになるでしょう。 さて、肩こりの原因ですが、皆さん何となく察しがついているとは思いますが、簡単に言ってしまえば『姿勢』による影響が大きいと考えられます。 特に座っている場合ですが、姿勢が悪くなると頭の位置が通常よりも前に出てしまいます。 そうすると通常よりも頭の重心が前になってしまいます。 通常の状態であれば頭は首や背中の上に乗っかっていればいいのですが、前に出てしまうと、頭が落っこちようとしてしまいますので、それを支えなければいけません。 そうなると通常の状態よりも4~5倍の力が首・肩の筋肉にかかる計算になるといわれています。 分かりやすい例で例えるのであればボウリングです。 ボウリングの球を持った時、手の上にまっすぐであれば持っていられると思いますが、ちょっと傾けて持ってみたらどうなります? ・・・結構しんどいですよね?腕攣っちゃいません?? ボウリングは投げてしまったり、一度置けば大丈夫ですが、頭はそういうわけにはいかないですよね。 このようにして首・肩の筋肉には負担がかかり、痛めてしまった状態が肩こりと俗に呼ばれる状態です。 だから姿勢は大事だといわれるわけですね! まぁ姿勢の大事な理由はほかにもたくさんありますので、その話は少しずつしていきます。 でも自分で姿勢を意識するのってまぁなかなか難し

八王子市宇津木台でぎっくり腰になったら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問誠にありがとうございます。 さて、先週のブログで予告をした通り、今週はぎっくり腰についてのお話を書かせていただきます。 まずはぎっくり腰の定義について。 ぎっくり腰は正式には『急性腰痛症』といいます。 つまり急に腰に痛みが出たものすべてをぎっくり腰というわけです。 程度は関係なく、全く動けなくなってしまうような痛みでも、まぁ結構痛いけれども動くことはできるものでも、級に痛みが出て、背骨の骨折などがなければすべてぎっくり腰と呼べます。 ヨーロッパでは『魔女の一撃』なんても呼ばれています。 痛みの原因はほんとに人それぞれですが、ほとんどの場合がちょっとした積み重ねが(気づかない日常生活による負担)あるとき少し力がかかった瞬間に溢れでてしまって起こります。 ですので重いものを持つなど意識しやすい場合よりも、ちょっと腰をかがめて物を拾おうとしたときなど、あまり普段は気にも留めないような動作の時になる人が多いです。(患者さんの話を聞いている感じだと) 力がかかった瞬間に筋肉がつったような状態になり、炎症を起こして強烈な痛みが出てしまいます。 ほとんどの患者さんはぎっくり腰の前にちょっと腰やお尻などに違和感や軽い痛みを感じています。 ホントはその段階で治療に来ていただければ、ぎっくり腰になるリスクは格段に下がるし、割と早くよくなるのですが、まぁ9割以上の方は何とかなるだろうとここでは我慢します。 で、ボンっとなってしまう。 ですのでできるのであれば違和感を感じたら早めの来院をお勧めします。 予防やストレッチなどの

八王子市・日野市で腰痛の治療は宇津木台たにあい整骨院へ!

こんばんは!宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日から宇津木台たにあい整骨院のブログは、メインで私が担当していきます。(自己紹介はまた後日させていただきます) 今後皆様の身体のお悩みに対して少しでも力になれるような情報を提供していけたらと思っていますのでよろしくお願いいたします。 さて、今日は最初ですのでポピュラーな話題から行きましょう。 皆さん悩まれている腰痛についてです。 当院にももちろんたくさんの方が腰痛に悩まれて来院されます。 以前働いていたところでも、その前に働いていたところでもそれはもう多くの方を診させていただきました。 腰痛の原因は人によって結構違います。 痛みとしては腰に出ているので、腰を揉んだら治るのでは?と思いがちですが 、必ずしもそうではありません。 これは腰痛に限らずですが、ほとんどの身体の痛みは痛みを感じている部分だけが悪いのではなく、結果としてそこに痛みが出ているケースばかりです。 ですので当院の施術は、痛みのあるところを重点的に施術するのではなく、あくまで全体を診させていただき、その腰痛がどこが原因で出ているのかを判断していきます。 もしかしたらお尻回りが悪いかもしれないですし、背中の筋肉が悪いかもしれません。 さらには股関節や太ももの前、腹筋が硬くて腰痛が出る人もいます。(腹筋が硬い人は大変多いです)腹筋が硬いとという話はこれ一つで3回分くらいブログがかけそうなので今度詳しくさせていただきます。 このようにざっくり上げただけでも原因は様々です。 長く痛みが出てくればかばって使いますので他の部分にも負担がかかり、痛みの原因は複雑になってくることも