宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

八王子市で腰痛でお困りなら宇津木台たにあい整骨院へ!姿勢編

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! さて、前回のブログで姿勢が悪いと何で腰痛になりやすいのか?といったお話をしていきました。 今日はでは何でそんな姿勢になってしまうのか?そんなお話をしていきます。 前回も書きましたが一つの要因として、座っているときに関しては『座り方が悪い』というのがあります。 ちゃんと座ればそこまで無理をしなくてもある程度はまっすぐ座りやすくなります。 もう一つの要因として、『身体をうまく使えていない』ということが言えます。 座り方が悪いと・・・というのも実は体が上手く使えていない要因にはなるのですが、楽(だと思っている姿勢)は、本来使われるべき部分が使われず、その結果負担がかかってしまいます。 そうなると姿勢は崩れ。。。と悪循環に陥ってしまいます。 立っているときで言えば、本来なら腹筋の奥だったり、骨盤の底にある筋肉がきちんと働くことで骨盤が安定して正しい姿勢になります。 でもこれらの筋肉をきちんと使ってないために姿勢が崩れます。 よく骨盤矯正が。。。というのはこの辺を改善させるためにやるものです(と私は思っています) ちゃんと身体が使えるようになれば当然体への負担も減りますので、腰痛も出にくくなるわけです。 さて、じゃあ姿勢が悪い時に負担がかかっているところはどこなのか? 引っ張るのに背中や首、腰の筋肉はもちろんなのですが、とても有名なのに実は見落としがちな筋肉があります。 それは・・・長くなりそうなので次回のブログで書きたいと思います。 楽しみにしていて下さい! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

八王子でなかなか治らない腰痛でお困りなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! さて、今日は腰痛、それもどちらかというと長く痛みの続いている腰痛についてのお話。 ギックリ腰ややや強めの痛みがよくなってきた患者さんに 『腰の具合どうです?』と尋ねると 『だいぶ良くなったよ!普通の腰痛!』 って言われること、めちゃめちゃ多いです。 いやいや、普通の腰痛って腰痛いんじゃん!って突っ込みをいつも入れるんですが、まぁ患者さんたち、特に長く痛みを抱えている方たちにとってはそれはいつものことだからあまり気にならないとの事なんですが。。。 皆さんこれを放置しているから痛みが強くなったりギックリ腰になったりしているわけですよね? でもなかなかこれが治らない。。。 何で治らないのか? それはいつもしていることで、普段あまり気にしていないことが原因だからです。 例えば重いものを持つとか、中腰になるとか、そういう明らかに腰に悪いというものは気を付けやすいです(それでも痛みが弱くなると忘れますが) が、腰の痛みの原因は何もそれだけではありません。 やっぱり姿勢の問題は腰痛や肩こりからは切っても切り離せない関係になるといえるでしょう。 特に座っているときはただでさえ腰には負担がかかりやすいといえます。 それに加えて背中を丸めて悪い姿勢で座ってしまうと、本来はそこまで力を入れなくてもいい筋肉に無駄に力が入ってしまうために負担がより大きくかかり痛みが出てしまったり治りにくかったりしてしまうのです。 正しい姿勢というのは、もちろん見た目の問題もありますが、実は体には負担の少ない姿勢

八王子市であごの痛みでお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! さて、今日はあごについてのお話。 整骨院であごの痛みってよくなるの?とお思いになる方もいるのではないでしょうか? 確かに専門分野っぽくはないですかが、実は物にもよるのですが結構よくなります。 いわゆる『顎関節症』と呼ばれるものですね。 まずはこの顎関節症と呼ばれるものについて触れていこうと思います。 上の図は簡単なあごの関節の解剖図です。 関節の隙間には関節円板と呼ばれるクッションのようなものが入っていて、口を開けた際に動きます。 あごを動かす筋肉が張ってくると、関節にかかる力は大きくなってしまい、この関節円板の動きも悪くなったり、動くときに挟まって音がします。 これが口を開くときにパキッという音の正体です。 これを繰り返すことで摩擦が起こり炎症を起こすと痛みが発生します。 これが簡単な顎関節症と呼ばれる状態の説明です。(ホントはもっと細かい部分もあるのですが、それはさすがに僕らの分野から外れてくるので割愛します) じゃあなぜそうなるのか? 簡単に言えば『無意識に』歯を食いしばってしまっていることが多いことがほとんどです。 作業に集中して体に力が入っている人は無意識にあごにも力が入ってしまい、食いしばってしまっています。 また寝ているときになってしまっている人もいるようです。 精神的なストレスが大きくても食いしばる傾向は強くなります。 ですので予防として深呼吸をしっかりして、身体の力が抜けるようにしてあげることが大事です。 当院での治療はあごを動かす筋肉を直接刺激し緩め

八王子で頭痛でお悩みの方は宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます。 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 毎日暑いですが、皆さんしっかり水分補給はしていますか? 屋内にいても熱中症になりますので十分気を付けてくださいね! さて、今日は頭痛についてのお話。 頭痛で悩まれている方、結構多いですよね? 特にデスクワークの方などからはよく頭痛がするという話を聞きます。 今日はそんな頭痛についてのお話。 さて、一口に頭痛といってもいくつかの種類があります。 一つ目が『筋緊張型』の頭痛。 言葉は難しいですが、平たく言うと肩こりからくる頭痛です。 首・肩の筋肉が緊張することで、首から頭皮に向かう神経が圧迫・障害を受けて痛みを出します。 二つ目が『血管拡張型』の頭痛。 またややこしいですが、いわゆる片頭痛といわれるやつです。 三つめが『脳血管障害』 脳自体に何かあるやつです。 脳梗塞や脳出血なんかがこれに当たります。 他にも群発頭痛なんてのもありますね。 まぁ3番目のものはちょっと置いといて、やはり整骨院に来る患者さんで訴えが多いのは1番目と2番目のものですね。 この2つの判別の方法として ①痛みの種類 筋緊張型の頭痛は頭を締め付けられるような頭痛なのに対して、血管拡張型の頭痛は心臓の拍動のリズムに合わせた痛み方がします。 ②温めて楽か、冷やして楽か 筋緊張型の頭痛の場合、血流が改善することで筋肉が緩むため温めると楽になるケースが多いのに対し、血管拡張型の頭痛は血管が開くときに痛みを感じるので、冷やすことで改善する傾向にあります。 他にも血管を狭める作用のあるカフェインを取った際に改善がみら