宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

八王子でオスグッドでお悩みのお子さんをお持ちなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 さて、先日までは腰痛についてのお話をずっとしておりましたので、今日はちょっと話題を変えてスポーツによるけがについてのお話。 その中で、子供さんに多くあるオスグッドについて書いていこうと思います。 さて、オスグッドとは何ぞやって話からしていきますが、成長期に起こる膝痛の一つで、膝のお皿の下、すねの骨の一番上の部分がボコッと飛び出してくるものです。 触っても痛みを訴えますし、膝の屈伸や運動時に痛みを出します。 お皿だったり、内側だったりの痛みはオスグッドとは違うものです。(これから話していく痛みの原因は同じ部分も多いです) さて、なぜそのようなことが起こるのかというと、直接的な原因は太ももの前についている『大腿四頭筋』と呼ばれる筋肉が引っ張ってしまっていることです。 大腿四頭筋はその飛び出してきてしまう部分にくっついていて、とても力の強い筋肉(人の身体の中で一番大きくて強い)です。 成長期の骨の成長に過度な運動によってこの太ももの筋肉に負担がかかり、筋肉が硬くなってしまうと、筋肉の付着部は引っ張られやすくなってしまいます。 またこの膝の下の部分(脛骨粗面といいます)は高校生になるくらいまでは完全に骨に鳴っているわけではなく、軟骨でつながっているため、引っ張られると前に飛び出してしまうのです。 治療としましてはもちろんこの太ももの筋肉を緩めてあげることが重要になるのですが、実はそれだけでは不十分だったりします。 重要になってくるのは股関節の柔軟性と可動域、そして姿勢です。 そも

八王子市で腰痛がなかなか治らないとお悩みの方は宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です! 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます! さて、今日も腰痛の話。 前回は腹筋と太ももの前の筋肉のお話をしました。 前側についている筋肉が張ってくると身体(特に骨盤)が引っ張られてしまって姿勢が崩れ、腰痛の原因になってしまうという内容でした。 今日はいわゆるインナーマッスルといわれる部分のお話をしていきます。 さて、インナーマッスルって言葉はきっと腰痛で悩まれている方は聞いたこと一度はあるのではないでしょうか? まずはそのインナーマッスルって何ぞや?? という話からしていきましょう。 いろいろな考え方といいますかとらえ方があるのですが、ここではその一つの考えからのお話していきます。 インナーマッスルとは、持久力に富んだ筋肉の線維の種類で、遅筋(ちきん)線維と呼ばれる筋肉のことです。 これらは身体中の筋肉にも含まれているのですが、特に身体の奥の方にある筋肉に多く含まれているのでインナーマッスルと呼ばれています。 インナーマッスルは身体を大きく動かしたり、力を強く発揮することには不向きで、長く持続的に力を出し続けることが得意な筋肉です。 そのため姿勢を支えるということに重要な役割を果たします。 …どうです? 特に前半部分はたぶん皆さんが考えていたのとちょっと違うと思います。 後半はおそらくいろいろなところで言われているのと同じではないでしょうか? 姿勢はやはり腰痛や肩こりの大きな原因になりますので、インナーマッスルが重要ということに変わりはありません。 で、このインナーマッスルの中で一番おおきくて一番重要になってくる筋

八王子でなかなか腰痛が治らない方は宇津木台たにあい整骨院へ!姿勢後編

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! さて、前回のブログで勿体つけた腰痛に関係するある意外な筋肉。 皆さん、どこだかわかりましたか?? 専門の方に言わせればきっといっぱいありすぎてわからない!って言われてしまうんでしょうが、今日はその中でも2つお話していきます。 まず一つ目!腹筋です! 腹筋の中でも一番浅いところに見える腹直筋(あの割れる筋肉)が今回の焦点です。 あ、先に断っておきますが、皆さんが考える腹筋が弱いから腰痛に・・・という内容ではありません。 腹筋が緊張してしまっていると姿勢が悪くなって腰痛になりやすくなる!ということです。 腹筋は胸骨の剣状突起(胸の硬い骨の一番下)と恥骨結合(骨盤の前側の真ん中あたり)に張っている大きな筋肉です。 さて、筋肉はくっついているところ同士を近づけるのが働きになりますが、腹筋が働いとしてくっついているところの距離が近づいたらどうなりますか?? …背中丸くなりません? そうなんです。この筋肉が縮んでしまいますと背中が丸くなり猫背の姿勢になってしまいます! で、さらに、姿勢が悪い状態が続くと腹筋は縮みっぱなしです。 そうすると筋肉は伸びにくくなりますのでいい姿勢がとりづらくなります。 そうすると当然腰には負担がかかりやすくなるわけです。 そもそも腹筋が張っているって考えないですよね? でも残念ながら多くの人は腹筋、硬いです。 (筋肉が強くてではなく、突っ張って) さて次、大腿直筋(太ももの前)の筋肉です。 この筋肉は股関節の前と骨盤の前上から、お皿をくるんで膝の下のポコ