宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

小宮町で腰痛の治療は宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 今日は原点に戻って腰痛についてのお話。 皆さん、ご自身の腰痛の原因がなんなのか?自分で理解していますか?? よく、治療の後はいいんだけど、数日するとまた出てくる。。。という話をされる方がいらっしゃいます。 大体の場合はこの数日の間に何か悪いことがあるから痛みがまた出てしまうわけです。 そこに対して何か対策をしないと当然ながら最終的には良くなりません。 そもそもそれがわかっていて、なおかつ改善できていれば理論上は痛みは出ないはずです。 私はよく患者さんに、治療前に『何をした後に痛みが出やすいですか?』と質問したり、 施術後に『どんなことの後に痛みが出たかちょっと覚えておいてくださいね?』といっています。 もちろん身体を診させていただき、触っていけばある程度はわかる部分も多いですが、日常生活のすべてがわかるわけではありません。 ですので特に最初のうちや、症状の変化が乏しい時はこの話をよくします。 そして、その質問の答えに合わせて日常生活やお仕事で方法を変えられるのであればその話をしますし、それが難しければ使った後のケアの方法をお話しできるのです。 そしてそれに対してまたフィードバックをもらってさらなる改善を目指せます。 正直やはりアドバイスに対してきちんと応えていただいた方ほどよくなっていきやすいです。 また修正もしやすいですし、もしも合わなければ施術の内容やアドバイスも変えていけます。 これをちゃんとしないと、一度痛みが消えて身体の状態が整っても、同じように生活をしていれば

八王子市で交通事故の治療と対応は宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! 寒くなってきましたが風邪などひかれてはいないでしょうか?? 当院に来られている方の中にも、風邪でキャンセルをされる方も多いので十分に気を付けてくださいね! さて、今日は交通事故に遭った際のお金についてのお話のお話です。 交通事故に遭ってしまってけがをした際、自賠責保険が適応となります。 自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険といい、強制保険とも呼ばれ、自動車に必ず入っている保険です。(入っていないと事故時に罰せられます) 自賠責保険は被害者救済のための保険で、自動車事故によって他人の身体に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に限定されます。 ですので他人の車を運転していたり、自損や物損事故によるものは適応になりません。 自賠責保険で支給されるのは 1.治療費 2.交通費 3.休業補償 4.慰謝料 となり、総額120万円までが支給されます。 総額が120万円を超えた場合は相手の保険会社から支払われることになります。 事故に遭って、治療を受けたことのある方はわかる人も多いと思うのですが、治療2.3か月すると保険会社からの連絡が多くなるのはそのためです。 1の治療費はわかりやすいと思いますが、そのまま治療にかかる費用です。 これは病院や接骨院が直接保険会社とのやり取りを基本的には行っています。 2の交通費は治療に行くときに発生する交通費です。 タクシーなどを利用した場合は領収証を必ず取っておきましょう。 3の休業補償は、事故によるけがで業務に影響があり、仕事に行け

八王子市で交通事故に遭ってしまったら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! 今日も前回に続いて、交通事故に遭ってしまったら…のお話をしていきたいと思います。 今回はその中でも事故直後の対応についてです。 事故直後はパニックになってしまったり、そうでなくても興奮状態におちいりますので、必ずしもすべてを行うのは難しいかもしれませんが、知っておくのとそうでないのではだいぶ違うと思いますので、目を通しておいていただくことをお勧めします。 さて、まず事故に遭ってしまったらですが、加害者だろうが被害者だろうが、けが人の安全を優先にしましょう。 必要であれば救急車の手配も行ってください。基本的には加害者側が行うべきですが、被害者であっても必要であれば呼びましょう。 次に警察を呼びます。 そのあと保険会社に連絡という順になります。 で、そのあとなのですが、相手の素性をしっかりと確認しておきましょう。 免許証や保険の証書は必ず携帯などで画像として残しておきましょう。 電話番号も口頭だけでなく、その場で確認させてもらったほうが無難です。 名刺があれば頂戴しておいてもいいと思います。 これはあくまで本人確認と、連絡をきちんととれるようにするためにです。 事故の状況の写真も撮影しておくといいでしょう。 車の損傷度合いは修理費などの目安にもなりますので、きちんと判断してもらうために証拠を残しておくといいでしょう。 もう一つ、これは可能であればですが、目撃者の方がいたら協力していただきましょう。 事故後に事故の責任がどのくらいの割合であったかなどを決めるのですが、相手方が