宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

八王子市で膝の周りの痛みでお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です! 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!! さて、今日も膝の痛みについてのお話。 前回は膝の動きについてと、変形性膝関節症についてのお話をしました。 今日はそれ以外でよくある膝の痛みについてのお話です。 はい、前回も見ていただいた膝を内側から見た時の図ですね。 膝の痛みでよく聞くのが、膝のお皿周辺の痛みです。 この場合はお皿と太ももの骨の間の関節に負担がかかっています。 よくこれを軟骨がすり減っているとか、変形と思って訴えてくる方が結構いるのですが、お皿周囲に痛みが出ている場合はそれとは違うケースがほとんどです。 ではなぜ痛みが出るのでしょうか?? 膝のお皿は、この図では見にくいのですが、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋と呼ばれる大きな筋肉に包まれています。 そしててこの支点として膝の曲げ伸ばしに関わっています。 太ももの筋肉が緊張(張って)しまうとお皿は太ももの骨に押さえつけられてしまいます。 そうするとこの関節の間にある滑液包や滑膜ひだ(クッションだったり動きを滑らかにする部分)が挟まれてしまいます。 それによってこれらの組織から痛みが出現してしまいます(主にお皿の上に痛みが出ます) 炎症を起こすので腫れや熱感も見られるケースも多くあります。 この場合は太ももの前の大腿四頭筋を緩め、炎症が強い場合はアイシング(冷やして)してあげると痛みは改善していきます。 しかし実は根本的な改善には不十分だったりもします。 股関節の動きが悪かったり、姿勢が悪いと太ももの前の筋肉には大きな負担がかかりやすくなります。 当院では