宇津木台たにあい整骨院ロゴマーク

〒192-0023 東京都八王子市久保山町1-25-8 TEL042-696-6525

  • Facebook Basic Square

東京都八王子市久保山町・宇津木台

八王子市で腰痛にお悩みの方は宇津木台たにあい整骨院へ!その2

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。 さて、今日は前回に引き続いて腰痛についてのお話。 前回は股関節周りの筋肉についての話をしていきました。 今日は股関節周り以外で腰痛を引き起こす原因を考えていきます。 結論からまずは言ってしまうと『肩甲骨周りの筋肉』です。 実は肩甲骨の動きが腰痛に密接に関わっています。 その解説をしていきます。 とまあ背中全体のイラストを載せました。 一個一個の筋肉についての説明は割愛しますが、肩甲骨にはもちろん肩を動かす筋肉がたくさんついています。 肩甲骨がきちんと動かないともちろん肩(腕)は上がりません。 じゃあなんで腰に関係があるのか? イラスト左側の⑤の筋肉、広背筋が関わってきます。 この筋肉、始まりは骨盤と背骨です。 そして肩甲骨の下の部分(くっついています)と、わきの下を通って上腕骨の前側にくっついています。 作用としては腕を内側にひねる(内旋)、後ろに引く(伸展)、身体を後ろに倒す(伸展)横に倒す(側屈)、回す(回旋)などの動きをします。 この広背筋が緊張すると、肩甲骨は下に引っ張られてしまい、腕の動きに関して言えば上がりにくくなります。 そして体幹に関して言えば、前や横に曲がりにくくなり、ひねりにくくなります。 ですので、このように広背筋が緊張すると、腰痛が起こりにくくなるわけです。 ここまではいいでしょうか? 実際に腰を通る筋肉ですので、想像は少しできるかと思います。 で、肩甲骨の動きが悪くなるのは何も広背筋だけが原因ではありません。 肩甲骨を動かす筋肉は図に出ているだけ

八王子市で腰痛にお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます! だいぶ久しぶりのブログになってしまいました。。。 本日は腰痛についてのお話をしていきます。 さて、腰痛と一口に言いまいしたが、原因は様々たくさんあります。 今日からはその原因についてお話をしていきます。 腰が痛いからと言って、腰だけ揉んだりしてもよくならないのはなぜでしょうか? また、その場は痛みが楽になってもまた痛みが出てしまうのは? これは根本的な解決がなされていないからです。 では根本的な原因はどこなのか? まず原因のその1は股関節周りの筋肉の緊張です。 そもそも腰を動かす時、大きく動いているのはどこでしょうか? 実は腰(腰椎)自体にはそこまで可動性はなく、細かく割って見てみると動いているのは股関節(前後屈)と胸椎(ひねり)だったりします。 股関節と胸椎の間にあるのが腰椎ですので、これらの動きが阻害されると間にある腰には負担がかかりやすく痛みが出やすくなるのです。 股関節を動かす筋肉はお尻や太ももの前の筋肉になります。 また、胸椎から太ももの付け根にくっついている筋肉(腸腰筋)もそうです。 これらの筋肉は拮抗作用といって、お互いに引っ張りあってしまうため負担をかけあいます。 さらにこれらの筋肉はふくらはぎの筋肉とも拮抗しあっていますので、これらの筋肉の緊張も出てきてしまいます。 こうして下半身全体にパンパンになってしまうと腰痛は出やすくなってしまうのです。 じゃあどうしたらいいのか? 負担をかけあっているということは一か所でも緩めば負担が減るということです。 例えば