• tamaoki

八王子市で産後の身体の痛みでお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!

おはようございます!

宇津木台たにあい整骨院の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!


いつになったらコンスタントにブログを書くのだろう…

すいません、ちゃんと時間作ります。

皆さんに運動する時間をちょっとでも作ろうって言ってるんですから、僕もブログ書く時間をちゃんと確保します。


と、いきなり話は脱線しましたが、今日も産後の身体のことについてお話します。


産後、今まで感じたことのなかった腰痛や背中の痛み、膝や手首の症状などなど、いろいろ出てきてしまったという方ってすごい多いんじゃないかと思います。

もしくは今までのものがより強くなったとか。。。


今までしてこなかった動作が急に始まる(抱っこや中腰、しゃがんで立っての繰り返しなど)ので、もちろんそれも大きな要因です。

普通にその動作が続けば身体の痛みが出ますので…


でもそれが出やすくなる原因が実はあるんです。

それが妊娠中に起こる身体の変化です。


妊娠中はどうしてもお腹が大きくなってくることで、身体のバランスが変わり、それによって筋肉の使い方が大きく変わります。


そうすると普通ではそこまで使わない部分に大きく負担がかかってしまったり、本当だったら力が入ってほしいところにうまく力が入らなくなってしまったりします。

それによってひどいと『別に何もしていなくても疲れる…』なんてことにもなりかねない。


これを世の中では『骨盤のゆがみだ!』というのかもしれません。


骨盤のゆがみって聞くと、なんか骨盤の形が変わっちゃうみたいにとらえられて、個人的にはあまりそういうのは好きではないのですが、皆さんになじみはあると思うのでそう表現しています。


骨盤に関して言えば前後の傾きはかなり変わります。ですのでそれを歪みととらえれば間違いではないのですがね。


でも骨盤自体がものすごく開いたり、ずれたりはしません。

それだけは誤解のないようにしてください。


骨盤の傾きがかなり前傾する(反り腰になる)のですが、そうすると太ももの前にかなり負担がかかり、お尻の後ろの筋肉やお腹の奥の筋肉には力が入りにくくなります。


それが腰痛や背中、膝の痛みにかかわってきます。


お尻の外側の筋肉は、お腹が大きくなって歩くときにバランスを取るため(横揺れする感じになると思います)にかなり負担がかかっています。


そうすると股関節に影響が出て、太ももの外側の硬い部分(大転子)が飛び出して見えます。また特にうつ伏せになった時にお尻も広がって見えてしまいます。


これが骨盤が開いて見える部分で、細身のズボンが引っかかりやすくなる場所です。


実際このお尻の横をストレッチしてあげると、結構早い段階でスムーズにズボンが上がりやすくなります。

最近いらした方も2回で変化を感じています。

うつ伏せの状態で後ろから見ていても、回数を追うごとにだんだんお尻の丸みが出てくるのがわかります。


身体のバランスを整えてあげれば負担のかかる場所も変わるので、少なくとも立っているだけで…みたいなことは減ってきます。


育児による負担はどうしたってお子さんが小さい間は続きますから、それはそれで施術なり自分でできるのであればストレッチなりで軽減させていくことも必要かと思います。


なかなか自分ですべてケアするのは難しいと思いますので、何か不安があればいつでも相談して下さいね!

もちろんお子様連れでの来院も大歓迎です!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


宇津木台たにあい整骨院


〒192-0023

東京都八王子市久保山町1-25-8


TEL:042-696-6525


https://www.e-mutsu.com/


受付時間

平日  9:00~12:00

15:00~20:00


土曜日 9:00~12:00


定休日 水曜・日曜


祝日は通常通り営業しております。


予約優先制


ご予約はお電話にて承りますので、お気軽にお問い合わせください!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


7回の閲覧0件のコメント