top of page
  • 執筆者の写真tamaoki

八王子市で腰の痛みでお悩みなら宇津木台たにあい整骨院へ!股関節の運動編


おはようございます!

宇津木台たにあい整骨院の玉置です。

本日もブログへの訪問誠にありがとうございます!


だいぶブログの更新をさぼってしまいました…

おかげさまでちょっとだけですが少しずつ患者さんが戻ってきたのと、新しい治療器を導入・使用している関係で治療をしている時間が長くなりまして…


さて、今日は以前から話していた運動の話をそろそろしていきます。

ホントはこの新しい治療器の話をしたいんだけど、もうずっとストレッチとか運動の話をする!って言い続けたので治療器の話は後日します。


今日はどこの運動か?

というと股関節の運動です。

股関節の動く気が悪いと腰痛にはなりやすくなりますので、特に長いこと痛みを抱えていたり、デスクワークなどで同じ姿勢が続いてしまうという人におススメの運動になります。


また反り腰の改善にも繋がります。


やり方ですがその前に注意事項。

残念ながらこれをしたからと言って100%改善できるものではありませんし、状態によっては症状が悪化してしまうケースがあります(特に急性の腰痛の場合はやらないでください)

ですので少しでも違和感がある場合は中止してください。


まずは実際にご覧ください。

これは股関節の運動とストレッチを兼ねています。


このように足を前後に振るだけです。転ばないように壁や柱、椅子などにつかまって行いましょう。


足を前に振った時はお尻や太ももに裏が、後ろに振った時は太ももの前や腸腰筋と呼ばれる腰から太ももの付け根にある奥の筋肉が伸ばされます。


このように動かしながら伸ばすことを動的ストレッチと呼びます。


この動的ストレッチは特に活動前に行うのが効果的です。

筋肉を動かしながら伸ばすので、温まりながらストレッチを行うことができます。



ポイントとしては、まずはなるべく大きく動かすこと。

もちろん動く範囲でです。痛みを感じるところまではやらないでください。


次に上半身は固定しておくこと。



















































上のように背中を丸めたり、下のように腰を反らしすぎないようにしてください。


あくまで動くのは股関節ですので、上半身はお腹にしっかり力を入れて動かないようにしてください。


回数は10~20回、無理のない範囲で行いましょう!

必ず転倒予防と、上半身を固定させるためにどこかにつかまってくださいね!


もう一度書きますがもしもこの方法で痛みが出るようなことがあるのであれば、それはやり方の問題か、適応の症状ではないのですぐに中止してください。


他にもいろいろな運動やストレッチがありますので、またご紹介していきます。

さらに詳しく知りたいという方はいつでもご相談くださいね!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宇津木台たにあい整骨院

〒192-0023

東京都八王子市久保山町1-25-8

TEL:042-696-6525

https://www.e-mutsu.com/

受付時間

平日  9:00~12:00

15:00~20:00

土曜日 9:00~12:00

定休日 水曜・日曜

祝日は通常通り営業しております。

予約優先制

ご予約はお電話にて承りますので、お気軽にお問い合わせください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問誠にありがとうございます! さて、今日は腰痛の話。 直接的に腰痛に関わる部分は『股関節』か『背中』のどちらか、もしくは両方のことが多いです。 もちろん、これらの部位が他の部位から影響を受けるのことはありますが、それを言い出すとキリがないので。 という話は腰痛の話ではちょこちょこしているかと思います。 よく骨盤矯正とかの話

宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます! さて今日は肩こりや頭痛についてのお話。 一口に頭痛と言ってもいくつか種類があるのですが、今日はいわゆる『緊張性頭痛』と呼ばれれる一般的に多い頭痛についてです。 よく偏頭痛と混同してしまう方も多いのですが、実際に偏頭痛の方というのは実はあまり多くない印象です。 偏頭痛の場合は、拍動性の頭痛とされて、心臓の鼓動のリズ

おはようございます! 宇津木台たにあい整骨院の玉置です。 本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます! さて、今日は首肩の症状から肩こりについてのお話。 腰痛と肩コリと言えば慢性的な症状のツートップかなと思います。 もうね、原因を挙げていけばキリがないし、何ならそんなところまで原因なの?!みたいなことまであるのでここではいちいち挙げません。 正直その原因を知ったからと言って解決できないものもた

bottom of page